予防重視の渋谷の小児歯科で定期的なフッ素塗布

渋谷に予防指導を大切にする小児歯科クリニックがあります。

今すぐ見つかる渋谷の内科サポートと断言できます。

欧米諸国などの医療先進国では、病気にならないように歯科医院に通うという予防歯科の考え方が既に定着しています。
日本でも、最近では要治療になる前に歯科医院に通って指導を受ける人が増加中です。
予防指導が受けられる渋谷の小児歯科には、子供の歯を虫歯から守りたいという保護者の方からの相談が多く寄せられています。
子供の歯、乳歯期や永久歯に生えかわる段階の乳歯と永久歯の混在期は大変むし歯になりやすい状態です。それは、乳歯や幼弱永久歯つまり生え建ての永久歯には歯の表面が軟らかいためにむし歯の原因細菌が出す酸に対して抵抗性がないことが大きな理由のひとつです。
また生えたばかりの歯の表面には深く鋭い溝があって、なかなか歯ブラシが届かないということも虫歯になりやすい原因になっています。



予防指導を重視している渋谷の小児歯科クリニックでは、患者さん一人ひとりの口の中の状況に合わせた予防プランを提案しています。そのひとつに、定期的なフッ素塗布があります。



フッ素には、歯の表面のエナメル質を酸に強い構造にする作用があります。
このフッ素の作用は生えたばかり歯に特によく働くので、渋谷の予防重視の小児歯科では永久歯への生え変わり期までの間に定期的なフッ素の塗布を勧めています。


市販の歯磨き剤の中にも、フッ素が配合されているものがたくさんありますが、歯科医院では市販の歯磨き剤に含まれているものよりも高濃度のフッ素を塗布しています。
渋谷の予防小児歯科では、クリニックでの定期的なフッ素塗布とフッ素入りの歯磨き剤を使った毎日の歯磨きの指導を組み合わせた予防指導をしています。