福祉車両は高齢の方や体が不自由な方のための工夫された専用の車です。2種類あります。1つめは、自分で運転することができる人のための、運転席に工夫が施してある車両や電動いすなど、自操式や自走式と呼ばれるものです。もう1つは、高齢の方や体が不自由な方の介助、また移送がしやすい、後に車いすを乗せることができたり、座席が回転したりする車両など、介助式や介護式と呼ばれるものです。

ノンステップバスや入浴巡回車もあります。それぞれの車両は走行時の安定性が高かったり、車内が広かったりと特徴的です。スロープやリフトが付いている、車いすごと乗ることができるタイプもあります。ストレッチャーごと乗ることができるタイプもあります。

複数の車いすを乗せることがタイプも誕生しました。これを活用すれば団体で移動することができるため、施設などでは重宝されています。なお一見しただけでは通常仕様のものと見分けがつかないというものも多いです。この福祉車両は数百万円します。

購入するためには、まとまった金額を用意しなければなりません。維持費、メンテナンス費もけっこうかかるでしょう。そのお金を用意することは難しい人に、レンタルをおすすめします。レンタル会社では多種多様な福祉車両を扱っています。

その中から、利用する方に合ったものを選ぶことができます。なお介護式のみ扱っているレンタル会社も多いです。店舗によって扱っているものが違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です