最近の高齢化社会に伴う需要に応えるために、レンタルできる福祉車両が増えてきました。もちろん、福祉車両と一言で言っても、大きく分けて二つの種類に分類することができます。一つは介助式と与ばれるもので、体の不自由な方々を送迎したり介護したりするための装備を備えた特殊車両です。もう一つは自操式と呼ばれるもので、体の不自由な方が自分で運転できるよう、必要な補助装置がついたものです。

実際に、福祉車両を購入しようと思うと、一般の自動車よりも割高になってしまいます。いろいろと特殊な装備が備わっているためです。加えて、福祉車両は背の比較的高いワンボックスタイプのものが多くなっているため、仮に自分が契約している駐車場が立体駐車場であるとすると、場合によっては車高の高さゆえに駐車できないことがあり得ます。これらの要素を十分考慮した結果、レンタルを利用する方々が増えています。

日常的に使用する必要がない場合など、レンタルなら、自分が必要になった時だけ利用できます。さらに、将来、特殊車両の購入を考えている場合には、レンタルでいろいろな車両を利用してみることによって、さまざまな仕様やメーカーごとの特徴を試してみるよいチャンスとなるでしょう。一般に、福祉車両をレンタルする場合には、事前に予約が必要であることを忘れないようにしましょう。一般のレンタカーと比べて、台数も少ないため、確実に借りられるよう、十分前もって連絡し、予約するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です