車いすのまま乗り降りできる福祉車両。買い物や通院などが楽になり、介護の質を高めてくれる非常に便利な車両です。しかし改造費などがかかるため費用が高額になるのが福祉車両のネックです。減税措置や自治体によっては補助を受けることもできますが、それでもメンテナンス費用を考えると個人が購入するのは金銭的に大きな負担となります。

実際に福祉車両を導入しているのは事業者がほとんどというのが現状です。そこで毎日の用途に必要がないのであれば、福祉車両はレンタルするという方法が有効です。家族旅行など必要な時にだけレンタルするようにすれば、維持費や管理費用も発生しないので経済的な負担を減らすことが十分可能になります。多くのレンタカー会社で福祉車両のレンタルもおこなっていますので、利用したい場合は事前に問い合わせておくといいでしょう。

ただし台数が多くあるわけではありませんので、その点に関しては注意が必要です。大型連休の際など需要の高くなるシーズンは、予約が取れないこともありますので早めに予定を立てて手続きをしておいたほうが無難です。もちろん障がいを持つ人との外出は、体調面の悪化など想定外の事態も考慮しなければいけません。レンタルをキャンセルするとキャンセル料金も発生しますので、体調管理も含め、しっかりとした計画を立てておきましょう。

なおレンタカーの場合、汚したり破損させてしまった場合は返却時に別途料金が発生することがあります。保険が適用されることもありますので、この点についても事前に確認しておくことが大切です。名古屋のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です