福祉車両と呼ばれる、福祉の事業所が利用者を送り迎えする車両があります。障碍者や高齢者などが利用しやすいように工夫してある車両のことです。例えば車いすが乗せやすいように工夫されていたり、助手席が回転したりします。ドアが大きく開くものもあります。

最近はラインナップも増えて一見では普通の車両と区別がつかないものもあります。福祉車両は、事業所にとっては事業に欠かせないものです。利用者にとっては家から施設のデイサービスや病院などへ通うために必要なものです。最近は、事業所のスタッフだけでなく、利用者の家族が活用することもあります。

このような福祉車両は購入することもできますし、リースすることもできます。車両代や税金などのみのファイナンスリースと、メンテナンス費や管理費なども付くメンテナンスリースがあります。これにはいったいどんなメリットがあるでしょう。購入する場合、最初にまとまった金額が必要です。

例えば1台300万を4台買うという場合は1.200万円も要ります。用意するのが大変な金額です。リースなら月ごとに少額を払うだけで利用することができます。毎月、定額の利用料なので、コストの把握も容易です。

このために事業計画が立てやすいです。そして、購入した場合、車両の管理作業をしなければいけません。メンテナンスリースなら、管理作業はその会社が代わりに行ってくれます。その会社に任せれば管理費をかけずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です