車いすのまま乗り込むことのできる装置を有していたり、回転式のシートなどの乗降補助機能があったりする福祉車両は、体の不自由な方の行動範囲を広げることのできるとても有益な車です。普及も年々進んできていはいるのですが、そのスピードは決して急速なものとは言えない状況が見られます。その理由としてあげられるのが、やはり本体価格の高さにあるのは間違いないでしょう。税金の面での優遇制度はあるものの、一般のグレードよりも特殊な装置が取り付けられている分、どうしてもコストアップは避けられません。

メーカーも努力しているのですが、もう少しリーズナブルに福祉車両を手にすることができたら良いと考えている潜在的なユーザーは大変多いものと考えられます。そこで、初期費用を大幅に抑えて福祉車両の利用を実現できるさまざまなプランが導入されており、注目を集めています。その中でも多くの人が利用しているのがリース契約です。リース契約は毎月一定の金額を支払うことで長期的にその車両の利用を可能とするシステムです。

レンタルとは違い、車両そのものを所有するものとほぼ違いのない利用形態が実現できるということで人気です。一般的に車を購入する場合には本体価格の他、税金や整備費用、車検などの維持費を負担しなければなりませんが、リース契約ではそれらの金額を含めて支払いますので、その月に応じて必要金額が大幅にアップするといったことが発生しません。初期費用が必要ないことや支払額が安定するという大きなメリットがあるために、福祉車両を入手したい方から大きな支持を集めている方法となっています。名古屋のレンタカーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です